2つの緑内障極点に歩く

一人で自分の生活リズムを探し当てたら、その中に耽溺なくなってはいけないということがある.現在やったアルバイト家具販売としては多く殘りは娯楽場所にナイター招待お金持ちを見ていて,上司の顔色を読むことができて、ますますボスから使の一つの相違を代表しているのは違う意味眼.今日1位と私は同じ地方で仕事の高校の学友と私に言います:“バーの中のあのバーテンダーは彼女と彼女は“xxはどこが1つの読書の子供のような子”と言います.」

私が聞いた後に黙って,しばらく黙って,緑内障、その後答えて、後に答え:“私と彼はまた彼が同じ1つの酒の席上で交際して客を接待する時、多くの学生の言う話の縁故がまだたくさんあると言います…」友達は聞いた後に淡々と笑う:関係ない、早く社会に出てもいい.

実は週囲の人はどうして知っている私はどのように頑固にさまよう夜と昼の二つの極の間.ナイターでで、私に付き添っていて、金持ちシャカシャカ人々に付き添っている彼ら談笑…しかし誰も知っていて私は一人静かな時は頑固に書くことができて、私は1人の廂として掲載される文字、ちかうてかつて行ったことがない地方に行くことを誓います!私は知らないで、私はまだ頑固にすることができて、ある日私はもう頑固になって、私は世の人々が言うようになっていったようにしましょう,.