部屋によってはその緑内障光が一番似合う

       ;;; もしランプの形はインテリアに美しい絵が、それでは、光の調節は画竜点睛の役割を果たした.まずリビングに、人々は夜不色と言われ、夜、人々は照明の下で見て、往々にしてはいけない、室内照明にとってもそうだ.その例を挙げて、客間の壁面の色は緑色、赤色などの濃い学部、昼間はファッション・活発だが、しかし夜に明かりの作用のもとで重かっが重い.そこで提案,緑内障、リビング壁面、床の主色は濃い色に、主なランプの源は、白のトーンのトーンが良い.$
{ FDPageBreak }        ;;; 寝室は人を疲れ、心身、英気を養うの空間を休める.そのため、寝室の明かりは暖かい,心地よい.主光源は光源にせよ、暖かい色合いの光を使って、睡眠を助けることができる.キッチンにとって、白色の寒い色はもっと似合う、白色の寒い光は発散性が良い、人の目の視界はもっと鮮明にすることができます.お手洗いは、暖かい光を使って、安全感を与えます.また、壁電燈、スポットライトこれらの補助光源、普通は暖色を中心に、調節の作用の雰囲気、もし家には十分に明るく、同時にこれらの光源を開けないほうがいい、さもなくばとてもを受けることができる彩光汚染の脅威.研究は、カラー光源は人にめまぐるしい、目に不利、脳中枢神経、眩暈,吐き気、不眠、不眠などの症状が現れます.