蓮子はいくら食べてはち項関係蓮子の緑内障薬膳民間の処方

蓮子は、蓮子、蓮米、とても高い食事療法薬用価値を持ち、元気に栄養のために.蓮子は病気の治療効果が顕著で、紹介する関係、蓮子の薬膳民間療法、日常生活の中で使用に供する.

p蓮子蓮子

蓮子蓮子20グラム、黒糖15グラム,もち米100グラム.

を水に浸して方法:蓮子さんじゅう分後抽出蓮蕊、クリーンなのもち米と一緒に鍋内に入れて、水適量待粥粥を煮て、すぐに熟し時,緑内障、更に少しはすぐになって黒砂糖煮.毎日朝晩空腹温服、四季を問わ .

機能:お粥は脾臓、腎臓、益止瀉固精精神修養を鎮めて功、脾臓のびくびくする下痢、腎臓の治療に用いない固、夢精頻尿、女性こしけ、動悸、虚不眠などの疾病を煩わし心悸.

蓮子煮込みウコッケイ

材料:蓮子にじゅうグラム、ギンナンじゅうごグラム、乌骨鶏いちだけ(約500グラム).

やり方:乌骨鶏に毛、内臓をきれいに洗って、ギンナン,蓮子の研粗末に鶏の腹部に加え、コショウ、ネギ、ショウガ、塩などの調味料と適量の清水煮込みからすぐ食用すると、毎日1回.

効果:こなたは肝臓の腎臓を補って、止带濁効果適用虚、元気だ、赤のこしけの下や男女性機能の低下等証.

蓮子、蓮子ナツメリュウガン羹

蓮子蓮子50グラム、赤いナツメ、リュウガンの各20グラム、氷砂糖の適量.

蓮子は、蓮子を芯にし、赤いナツメは核に行って、リュウガン肉と一緒に鍋に入れる適量に適量、氷砂糖を入れて蓮子サクサクを煮ます.

効果:こちらは補血精神修養、内臓を強くする神経を鎮める効果.使えるか二虚によるがくらくらして目がだるい、動悸、神疲れ動悸、夜眠る不安やノイローゼ、貧血など.