緑内障のタイプ

日本人の中途失明理由の第1位である目の病気は緑内障です。生活スタイルの変化から、今や中高年の病気ではなく、若年世代でも緑内障のリスクが高まっています。緑内障と言いますが、三つのタイプがあります。

原発性緑内障
原発開放隅角緑内障は開放隅角および高眼圧またはときに正常眼圧を伴う視神経障害を来す症候群である。症状の発現は遅く、視野欠損を伴います。原発閉塞隅角緑内障は前房隅角の閉塞を伴う緑内障で、慢性またはまれに急性である。急性閉塞隅角緑内障の症状は、激しい眼痛と充血、視力低下、虹暈、頭痛、悪心、嘔吐です。

続発緑内障
続発緑内障は眼のけがや、ぶどう膜炎など眼のほかの病気、糖尿病などの全身の病気、副腎皮質ホルモン薬などの薬物によって眼圧が上昇する症状です。続発緑内障の原因は多岐にわたりますが、基本的に開放隅角型と閉塞隅角型の2つに大きく分けることができます。高齢者に多くみられる続発緑内障のひとつとして水晶体嚢性緑内障があります。

発達緑内障
発達緑内障とは、隅角という部分の発育異常により、眼圧が上昇し、視神経が障害される病気です。日本での発症頻度は、約3万人に1人と報告されています。発達緑内障は、早発型発達緑内障、遅発型発達緑内障、他の先天異常の3つに分類されます。発達緑内障の多くは、遺伝性はなく、原因ははっきりわかっていませんが、CYP1B1という遺伝子に変異をみとめるケースが報告されています。

レビトラ>レビトラの効果時間は、5時間~10時間といわれています。レビトラを服用後、「紅潮感」「目の充血」の症状があらわれることが一般的な副作用としてよくあります。