愛は、焦慮症になるの緑内障か?

日常生活の中で、あなたはいつもこんな人:彼らは熱心に略奪発言権など、よくないと他の人は、自分の意見を発表もいくつかの人のように川を滔々と、絶えない、嫌ならないので.この人は、表面上から愛表現.しかしこのような行為の背後に、たくさんの深層の心理の原因があります.北京による病院臨床心理科医吴雅学は記者に教えて、私は愛を、やはり口刹車で、その本質はあまりにも自己中心.このような人は多かれ少なかれ以下の3つの方面の問題:1は社交的な技能に欠けている.今の多くの子供が吹いていて,緑内障、学識才能が豊かであるが、彼らはどのように適切な言葉を教えてくれる人もいない、アドリブ、制御目、次のチャンスを把握となど対人技術.二は焦慮人格やパフォーマンスで人格を持ってます.この抢话は長く存在し、自分に気がついたが
,自制できない.焦慮型や強迫人格の人、頭の中には1つの考えがひらめくば、すぐに不安になる.三は躁病、焦慮や精神分裂症などの精神疾患.不安症や躁病の共通点は、いずれも現れ言語活動の症状がなく、典型的な吐き出さない不快.精神分裂症患者の一般的な社交スキル低下、自己気づかないため、何時も.では、愛に口出しする行為はどうでしょうか.吴雅学指摘した場合、抢话は社交的技能の不足を通じて、専門の短期の育成訓練の効果を達成することができる.週囲を存在者、相互尊重と相互の愛、尊重と互い交流方式の相違性.社会経験不足の初入職場者としては,その関係があるということは、その関係があるとしても、その関係があるということは、その関係があるとしても、その関係があります.