子宮頸がんワクチンが上場、緑内障幼児婦人期を保護するワクチン

の病院小児部医師李秉颖だったと言う、ラウンド状ウイルスのワクチンをいったん出版され、小児科医の商売が大幅に下落し、かつ、子どもの病気に重大な変更形態.昨年末、台灣は2つの車輪のウイルスワクチンが発売されまして.

は、10匹ウイルスがあれば感染が可能になると、10匹ウイルスに感染することが可能です.可経由で人と人の間の不潔な手に接触して、汚染された水,食べ物、甚だしきに至ってはおもちゃ、感染による嘔吐と下痢だ、発熱、腹痛、脱水深刻も死亡.全世界で毎年44万人、平均1分は1名の乳幼児が感染する車輪状ウイルスに感染して命を落とす.

台灣から医療の進歩は、子供がリング状ウイルス緻死が、毎年、ラウンド状ウイルスによる外来人のガンダムじゅうろく~54万で、ウイルスによる胃腸炎リング状入院治療いち万人を超える.

の病院小児科の主任黄立民感染は、ほとんどすべての幼児はご歳まで少なくとも一回リング状のウイルスに感染して、明らかに多く頻繁で、ただ頼りでワクチン接種こそ、真の予防.

p>に世に出た<今2つのリング状ウイルスのワクチンの予防効果を実証研究報告の95%は、台灣から胃腸炎入院の子供は減少の3分の1を救うことができ、より多くの第三世界の国の子供、と黄立民医師.

私は6ヶ月~2歳の赤ちゃんが最も容易にウイルス感染を受けやすいので、赤ちゃんの2つの月の大きい時に経口第一剤、6ヶ月前に完成する抗体を完成して、自費.しかし、ラウンド状ウイルスワクチン属活性減毒ワクチン、急性胃腸炎、慢性胃腸道の疾病、腸重積病歴と免疫機能不全の乳幼児に使用することがない.子宮頸癌ワクチンが上場した

各界では首になる、子宮頚がんワクチン嘉喜(Gardasil)は昨年底ついに発売.施設を対象きゅう、く~26歳の女性で、必要ろくカ月内注射三剤、共に必要自費12000元、主にヒトパピローマウイルス(HPV)ろく、じゅういち、じゅうろく、じゅうはち型、国内、子宮頚がん病例のHPV感染割合を見ると、HPV16型が60%,緑内障、10%じゅうはち型ツイ評価,子宮頸がんの予防効果の約7割 .