夢の緑内障故郷

故郷、ずっとすべての夢につきまとっている.

p>私家<はぐれた旅人は、重い荷物を背負って高飛びする、故郷のブロックに畑を、その花びらに臨み、全部生きて私の心の深い所.鬱蒼、衰えない、いつも春、私の夢に根づく.

私は歩いて、私は多くの景色を見て、私はこれらの景色は私の旅行に詰めて、私はどんなに努力の記憶,緑内障、いつも振り向いた刹那は道中の景色を忘れて.目を見て、私の心に入らない.もと、故郷の記憶、故郷の風景は完全に私の心を占めている.他郷にまた良い景色も私の夢に入ることができません.

私はどんなに遠くに行っても、故郷はずっと私の夢の中で.

故郷、私はどんな言葉で私の気持ちを述べているのか,
.私はどんなに忙しくても、君はいつも夜夜に寝てばかり.もっと多くのは1種の私は世界でいかなる言語の説明の心を説明することはできません.

まさか日暮乡关はどこですか?烟波江に人を愁.

" p "は,"春風は,緑江南岸、月はいつか私はまだ?」

まさか名月を見上げ、うつむき故郷.

これは私の故郷は诗にはできない、私は知っていて、私はいつも私の夢の中で.