夢の緑内障ように

風がひとしきり

が僕の頬吹き散らす私の髪も吹き飛ばした空の雲.そして私は、ただぼんやり眺める空であり、少し懐、懐点を受けたり、唯お願いあの時の清涼.また恐らくは滄桑の変、浮雲山一、どのくらい来て、また投げ筆とめて分からないが何を書き、書きたいのは簡単で、簡単にはますます感じも困難で、そして歩いて止まって、のんびりで,歳月は非情で嘆く.

時間過去ずっと、一部の事、私に心が落ち着かないよう,静止水、恐らくも1番悪夢なのか、それとも南柯の夢耳.一度、私は自分を見失う、目標をなくし、方向を忘れ、甚だしきに至っては、自分さえ自分のことを忘れて、私が間違っているかもしれない.

私は私の心をなくして、もしかすると、私はずっと承認して、しかし私もこれまでも私にはなくて、これは命です.自分に麻酔をかけると、遠く離れて混雑して,
,緑内障、常に山水、宿梦天地に離れられないで、最終的には自分の本心にすぎない.遠方は遠く、私は依然として遠方に向かって、困惑するかも知れない、しかし失望したくない.もし一日、私はここに戻って、私は私の最も美しい祝福、私の長年の相思を持って、私のこのかつての熱い心と不変の夢を探し出して、私は私の最も美しい心と不変の夢を探し出して、私は私の最も美しい心と不変の夢を探し出して、私は私の最も美しい心と不変の夢を探し出して.