内臓を強くする胃の緑内障食べ物春季美容薬膳推薦

今日

をご紹介し春季美容薬膳:くるみリュウガン魚のスープ、竜眼の肉、魚の薬膳はクルミの核と一緒に煮る、内臓を強くする温肾之余、さらに補血、美容、神経を鎮める.みなさんは愛美の友達を試してみてください.

材料:p .材料:p

クルミの核さんじゅうグラム、魚の浮き袋ひゃくグラム、リュウガン肉じゅうグラム、鶏肉250グラム、ネギ、ショウガの糸糸、醸造酒、塩はそれぞれ適量.

P料理方法:はクルミの核を入れてお湯を鍋にして、皮に行って、魚をきれいに洗った後に、油をよく出して、つまり、温鍋を塗る中揚げ~断面はスポンジ状に切り、細長い;鶏肉をきれいに洗って、塊に切る.上述の三物、ネギの姜絲と適量の糸、醸造酒の鍋で、だし汁、強火煮沸、とろ火煮込みさんじゅう分ごろ、食塩をだしてすぐなり.

P薬膳効果:

内臓を強くする益胃、温腎助陽、血を鎮め.

魚の味の甘性は引き分けして、補って温腎精.魚の浮き袋を除いては女性の顔をケアする上物のほか、胡桃児,リュウガン肉も滋養補給の上物.そのうち、クルミの核の味の甘、性は暖かくて、腎臓の肺、納ガス定喘温肺、便秘、腰のひざがぐったりして、びくびくして冷たい息者に利益があるから.竜眼の肉の味の甘性は暖かくて、血を鎮め.薬膳平と、薬,緑内障、食両用.主治医のか二虚、血気の不足によるの動悸、不眠、忘れっぽいなど .

Pは素材の材料の要点:

市場で多くのうその“花胶」なので、選ぶ時の注意、照明の下で花胶が半透明状,品質の良い;無表面うっ血、聞いて無臭い.一説には花胶とプーアルのように、古いほど貴重なほど、花胶の色が深いほど古い代表.