以緑内障前

に三年ぶり、キャンパスが多彩で、先生たちは依然として熟知する顔、愛着のかつての時、愛着のかつてのあまりにも多く、私は未練キャンパスの隅々に、それだけのために私たちの主人は、もちろんそれも靑春の証人は、その一年、私たち十七歳.私達は早く成長して、はでやかの天真爛漫、など私達は成長して、やっとあの時の靑春を懐かしむことに行って、あの時の中の靑春、あの年の十七日,.でももう帰れない.徐々に発見、靑春の波瀾は波瀾て、またそれの神秘を解読することを必要として.

p

懐かしい、もう二度と戻れない靑春.人生は変わることが変わることで成長,人も必然的に感傷的に成熟し、私は当初選択して早く成長することを選択し,緑内障、今はこれも当然です……しかし私は自分がこんなに懐かしみます、この通信が異常発達の時代,私は連絡を維持すると以前にも、多くはないと思う.今やっと知っていて、懐かしいのは、自分の目で見える彼女たちの顔は、しばしば一緒に食事をして、チャット、ぶらぶらキャンパスの些細なことは、若い時箸も持たぬ丸焼きが将来に対して各種の幻想の日々は、1段の永遠に複製することができない単純時、それらは二度と帰れない.

は頽廃、失望、卑屈、明日、また新しい太陽で……