にんにく発芽が食べられるの緑内障は食べますか冬は長期にわたり食用にんにくを食べます

私たちの日常生活にたくさんの重さの食べ物、例えばにんにく、私たちはすべてニンニクが多くの作用があることを知って、私達の体にもとても良いことを知って、あのみんなはニンニクも多く飲食禁忌があることを知っていますか?次は小編と一緒にしてみてね.

にんにく発芽は食べられるのかな?

を知っていてもみんなにんにくの利点として、それをして食欲を刺激します、それは食べ物を持って殺菌解毒の魔法の効果は我が国の北方の多くの人が好物ニンニクニンニク芽、冬に食べることができますか?私たちの食べるニンニク苗はない芽、室内で涼しい風に保管したニンニク発芽後に食べることができて、しかし光の場所に保管したニンニクニンニク、発芽に表面が緑、が生じるアルカロイド、食べないほうがいい.

大蒜のにんにくの種の収穫後、休眠期は普通は2~3ヶ月です.休眠期の後に、適当な気温の下で、ニンニクの種はすぐ発芽して発芽、長葉、消耗した莖の中の栄養物質、球根してしぼん、しなび、食用価値が大幅に下がる、甚だしきに至っては腐っている.だから、発芽したにんにくの種、食べられるのは食べられるが、その栄養の消費、食用価値が大きい
.

p> <いち、下痢に食べるのを避けてにんにく:それは病人下痢にするので、冷えや食用を疾菌の不潔食べ物後、腸内の局部の粘膜組織を引き起こす炎症性浸潤腸壁血管の透過性変異、腸腺の分泌亢進、蛋白質,水に塩新陳代謝紊乱,大量の体液に浸透させる腸腔とともに、細菌や毒素腸壁に刺激を与え、腸蠕動加速で生じ下痢.この時、全体の腸腔はまだ過飽和の緊張ストレス状態の中で、再び食べるニンニクこの辛い物がもっと激誘発腸壁助力血管、さらに充血、浮腫,緑内障、より多くの組織液が腸内、強めて下痢.