なつかしい、緑内障心には、諦めがある!

あなたは行ったことがありません、彼は存在しています.

君には聞こえないが、知っているのに、理解している.

生命はいつでも静止の時計、

生命のようにPは最も醇美の時、生死を超えて<P>ができます.もし当初から勇敢に1時、結末は異なってないことができますか?

もしあの時もう少し堅持して,緑内障、追憶は異なってないことができますか?

愛は人になっていつも生きて行くほど迷いの、感性の要素がますます多くなって、そこであなたはしばらく淡白てあの1部の感性、レトロ、も予言することができます.昔は予言の良い、あるいはあなたは先に懐旧してまた自分の未来を想像して、同様に感傷的になることはありません.嘆きは美しく、涙よりも美しい;

苦中作乐はすばらしい酔生夢死より美しい;見史書の感じは放棄して,決して代表理想を放棄して、ただ忘れる;より忘却伏線を張ることを放棄します;、内法記憶の彼方濁り、文字が明らかになってきた.でも、諦めたら、もっと素敵に、

はもっと美しくて、

占いよりも.

私は,
,隅で泣くのは私ではありません、私の影です.

あなたのは私のではありません、影が好きです.

で、生きているのは影ではなく、私は、私が生きているということです.

私は心、運命の主宰者です.