どの緑内障ように養生保健の夏季児童の養生の保健の注意事項

夏で一番暑い天気はすぐ来るから.さて、夏では育児保健はどのようにしているのでしょうか?子供の健康は早めに予防と保養を必要として,病気になってやっと親の重視を引き起こすことができて、家長の重視を引き起こします.夏の児童の養生保健に注意して注意していくつか問題を注意してみましょう!

Pは、生も食べ物は多く食べないと

を食べます

夏の各種の果物が多く、親はいくつかさっぱりの前菜、家族で食事隣席の場合、生や冷たい前菜、果物や何気なく幼児を食べ過ぎて,緑内障、しばしば子どもを消化機能は乱れて、嘔吐して、下痢なども現れて、だから特に留意.

Pは汗をかいた後に水の入浴にはしないp>が幼児夏太り<やすいように汗をかいて、冷たい水で入浴するのは、全身の毛穴に閉じ、血管収縮に影響され、さらにその機体の機能を使用しやすくて,幼児の病気のため、夏は子供を後、お風呂に入ってはぬるま湯で宜を.