緑内障は目の病気の一種です。青底翳「あおそこひ」とも呼ばれます。視神経が障害され、視野が狭くなったり、部分的に見えなくなったりする病気です。緑内障は日本において一番の失明原因です。ここで緑内障の症状と原因及び予防する方法をまとめて書きます。

緑内障の基礎知識について

人がものを見ることができるのは、角膜、水晶体を通って網膜上で結んだ像の情報が眼球から脳に向かって延びている「視神経」に入り、脳に色や形の情報を送るからです。伝わった情報が脳で画像として組み立てられて、私たちは見えたものを認識するのです。

緑内障では、その情報の橋渡しをしている視神経に異常が起こり、眼からの情報を正確に伝えられず、脳で画像をうまく組み立てることができなくなります。その結果、視力や視野「見える範囲」に障害を起こしてしまいます。

昔は「あおそこひ」と呼ばれ、失明に至ることもある病気として恐れられてきました。2000年から行われた疫学調査では、40歳以上の5%に緑内障が認められることが報告されています。

緑内障の症状について
緑内障の症状には、急激に眼圧が上昇し眼の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状を起こすもの「急性緑内障」と、ほとんど自覚症状がないまま病気が進行してしまうもの「慢性緑内障」があります。

急性緑内障では、時間が立つほど治りにくくなるので、すぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。一方、多くの患者さんが掛かる慢性緑内障では、瞳の色はもちろん、痛みや充血などの症状はほとんどないままに進行し、視力低下も病気の最終段階まで現れません。このため、患者さん自身が病気を自覚することが難しく、治療開始が遅れることが多々あります。

慢性緑内障の唯一の自覚症状は視野の一部に見えないところが出来ること「視野欠損」ですが、通常二つの目で見ているため、互の視野でカバーされ、進行するもでなかなか気が付かないことが多いのです。しかし、定期的に検診を受けていれば、視野が十分広いうちに、緑内障による視神経の障害を見つけることができます。

緑内障にかかわる人の初期は目の中心をやや外れたところに暗点「見えない点」ができます。自分自身で異常に気づくことはありません。中期に至るとき、暗点が拡大し、視野の欠損「見えない範囲」が広がり始めます。しかし、この階段でも片方の目によって補われるため、異常に気づかないことが多いようです。後期なら、視野「見える範囲」は更に狭くなり視力も悪くなって、日常生活にも支障を来すようになります。更に放置すると失明に至ります。

緑内障の予防について
ブルーベリーやカシスに含まれるアントシアニンが緑内障リスクを軽減するという研究もありますが、まだよくわかっていません。残念ながら緑内障を予防する方法はないと思っていいでしょう。

眼圧を上げると言われる生活習慣はいくつかありますが、それが直接緑内障の発症と結び付くわけではありません。緑内障対策として、唯一できることは目の定期検診です。緑内障において重要なのは早期に発見して、てきせつな治療を開始するとこです。

また、緑内障だと知らずに過ごしてしまうと緑内障を進行させてしまうような薬を摂取してしまう可能性もありますので注意が必要です。ステロイド薬や睡眠導入剤、抗うつ剤の中に瞳孔を開き急性緑内障を引き起こすものもあります。緑内障にかかると眼圧により視神経が圧迫され死んでしまいます。そして一度死んだ視神経はもう回復できません。そのため早期に治療を開始することで病気の進行を食い止め、視神経を守ることが重要なのです。

オススメ情報サイト

☑もちろん全てが媚薬の効果とは思いませんが、間違えなく健康的に生活を送るきっかけになってくれました。やはり精力剤は、薬ではなく漢方薬に近い、健康食品とも言える、30歳を過ぎたら必要なサプリメントなんだなと実感しました。 加齢による老化と精力剤の驚くべき関係性については >>男性必見!精力剤のアンチエイジング・エイジングケア効果についても併せてお読みください。

☑近頃は早漏対策としてさまざまな方法を見かけるようになりました。愛する女性が性的な満足感を得られない内に射精へと達してしまう「早漏」と呼ばれる症状を抱える男性は非常に多く、日本国内では約5割の男性が早漏に悩んでいるとされています。男性にとっては屈辱的とも言える早漏の症状ですが、上手に対策を立てる事によって改善へと導くことが可能です。ここでは早漏で悩む多くの男性のために、幾つかの早漏に対する改善法や早漏対策について紹介していきます。

☑バイアグラ、レビトラ勃起不全に続いて世界で3番目に登場したシアリスは日本国内では2007年から販売されています。 服用してから1日以上という長い持続時間が特徴で翌日に朝立ちがあったり追加の1錠を飲まなくてもセックスができたり自分のペニスシアリスは他のED治療薬(バイアグラ、レビトラ)に比べて少々即効性にかけますが、服用後約36時間と長時間の効果が認められているのが最大の特徴です。 「性的刺激を与える→勃起する」というのが作用の基本ですので、勝手に勃起することはありません。